menu close

社内のこと Author/ 森 元宏

新ルール。。。

桜も満開を迎えお花見を楽しんでいる光景も多く見かけました🌸 春の素敵な光景です😊

この4月から 石綿に関する報告の義務化がはじまりました。

まず石綿とはなんなんでしょうか??
石綿は、石綿(アスベスト)は、天然に産する繊維状けい酸塩鉱物で「せきめん」「いしわた」と呼ばれています。
その繊維が極めて細いため、研磨機、切断機などの施設での使用や飛散しやすい吹付け石綿などの除去等において所要の措置を行わないと石綿が飛散して人が 吸入してしまうおそれがあります。直ちに問題なのではなく、飛び散ること、吸い込むことが問題となるため、労働安全衛生法や大気汚染防止法、廃棄物の処理及び清掃に関する法律などで予防や飛散防止等が図られています。
石綿(アスベスト)の繊維は、肺線維症(じん肺)、悪性中皮腫の原因になるといわれ、肺がんを起こす可能性があることが知られています(WHO報告)。 石綿による健康被害は、石綿を扱ってから長い年月を経て出てきます。例えば、中皮腫は平均35年前後という長い潜伏期間の後発病することが多いとされています。
一般の住宅にどうして関係あるの??
石綿はビル等の建築工事において、保温断熱の目的で石綿を吹き付けるもののイメージがありますが 石綿が禁止される以前の建材に含まれていることがあります。
例えばクロスや 石膏ボード床のクッションフロア 浴室の塗り壁。などビルで使っているレベル1 レベル2と違って 住宅ではレベル3という危険性の低いものになりますが含有するものがあります。

含有しているかしていないかは検体調査また品番確認をしないといけません。検体調査も1検体5万円程度掛かってしまいます😆多くはみなし工事となってしまいます。
みなし工事とは 石綿が入っているだろうと想定して行う工事です。
作業時は掲示看板をおき 養生 もしっかり行い工事後の清掃もHEPA掃除機で行います。
またスタッフの健康も守るため防塵マスク😷 ゴーグル🥽もしっかり装着して作業を行います。

先月 石綿調査士の資格を私と岡下で取得に行ってまいりました。
先日合格通知が届き少しホッとしております。
モリリフォームは、お客様の住環境はもちろん 工事環境にもこだわった快適住空間を目指します😃

実際にFRS工法を行っている
動画などを公開しています

その他の記事を見る OTHER ENTRY